スケートボードの選び方(初心者編)

当ページでは、当店にて販売している、Original Skateboards(オリジナルスケートボード)を主としたコンプリート品(完成品)の選び方を説明させて頂きます。これからスケートボードを始めようと思われる初心者のお客様にもよく理解頂けるよう、説明していきます。ご不明な点などございましたら是非お気軽に随時お問合せ下さい。

なぜOriginal Skateboards(オリジナル・スケートボード)なのか!?

今日色々なタイプのスケートボードが売られていますが、それらモデルは基本的に滑るのに得意なシーン(場所)に分別されています。ではどのようなシーンに先ず区切られるのでしょうか?そしてどのようなスケートボードに乗るのが一番自分に適しているのでしょうか?ここでは、そのような事について説明を入れさせていただきたいと思います。

どのシーン(場所)でスケートボードを滑るのか?

スケートボードを始めるにおいて、先ず重要なのは、どのようなシーン(場所)で滑るのか?という事から考えてみて下さい。

シーンは大きく分類すると3つに分かれます。


1つ目は『フラットランド(平地)』。
2つ目は『ダウンヒル(傾斜面)』。
そして最後の3つ目は『スケートパーク』になります。


1つ目のフラットランド(平地)も更に分類できまして、オーリーやフリップなどといういわゆるトリックを主体にした、俗にいう『ストリート スタイル』。 そして最近世界的に人気が出てきているのが、『クルーザー』『クルージング』と呼ばれるタイプのスケートボードでして、これは街中を気持ち良く、時にはカービングを加えながら、加速しながら滑るというタイプになります。


2つ目のダウンヒル(傾斜面)は、傾斜面を下りながら滑るタイプのスケートボードとなりまして、高速時での安定性や高性能なカービング性能及びコントロール性能が必要とされます。


3つ目のスケートパークに関しては、ランページやボウルでの滑走を指します。


先ずは上記3つのシーンにおいて、お客様自身がどのようなシーンをメインに滑りたいのか?という事を考える必要があります。


その中で恐らく一番多いのは、やはりフラットランドかと思われます。一番最初は家の前で…。近所の空き地で…というのが普通ですよね?その上で、ではゆくゆくはどういうシーンで滑れるようになりたいのかも考えるべきだとは思います。


但し先ずは一台目のスケートボードです。それもフラットランドで滑る為のスケートボードという点について着目して考えていきましょう。


当店SK8Boardersが得意としているスケートボードは上記の3つの内、フラットランド(主にクルージング)とダウンヒルになります。スケートパーク仕様のスケートボードを組むことも勿論可能なのですが、得意なのは前述の通りです。


そして当店で販売しているOriginal Skateboards社のSトラックはこれら2つのシーンをカバーする事ができるトラックとなります。


街中をクルージングしながら、時には加速し、時には小さな、そして大きなカービングを繰り返しながら滑ったり、はたまたトリックを加えることも可能なモデルもございます。そのまた一方で、傾斜面を高速でダウンヒルしながら滑るモデルもございます。


当店においては、フラットランド及びダウンヒルというシーンで滑るスケートボードをお探しのお客様は当店にて良い商品が見つけられると思っております。


Original Skateboards(オリジナル・スケートボード)のどのモデルが初心者にはお勧めなのか?


当店では初心者のお客様には先ずOriginal Skateboardsをお勧めしております。

結論から言いますと、当店で先ずおすすめするのは、APEX34或いはDerringer28です。

特にクルージングを重視したいお客様にはDerringer 28を、クルージング重視でもトリックの練習をしたり、色々なシーンでオールラウンド的に滑りたい、というお客様にはAPEX34をお勧めしております。

その他ではリーズナブルさという点も含め、クルージングやダウンヒルまで幅広く滑る事ができるPintailシリーズもおススメしております。


Carver(カーバー)が気になるけれど、Original Skateboards(オリジナル・スケートボード)も同じように滑れるのですか?


良くお電話やメールでの質問でこのような連絡を頂きます。


先ず申し訳ございませんが、当店ではCarver(カーバー)の取扱いは現在行っておりせん。


Carver(カーバー)というスケートボードは皆さんご存知ですか?


Carverは従来のスケートボードとは異なり、スケートボードの前側に付いたトラックが振り子状に可動するというタイプのスケートボードになります。とても旋回性に優れていて、小回りも効く上、ある程度すぐに乗りこなせるようになるスケートボードです。


2000年頃に日本のサーファーの間で火がつきまして…、爆発的に売れていたスケートボードです。実は以前当店でも取り扱をさせて頂いていたのですが、現在では取り扱を辞めてしまいました。


なぜならば、Carverは通常(それ以外)のスケートボードと乗り方が異なるからであり、初めからCarverに乗ってしまうと、そのクセが付いてしまい、他のスケートボードに乗りにくくなってしまいます。


また初心者でCarverを始めたお客様でも、乗りこなしていく中で、Carverには飽きてしまい、通常のスケートボードに乗り換えていくお客様がほとんどです。


このような状況から、当店では、『では、そもそも初めから通常のスケートボードに乗れば、話が早いじゃないか!?』と思った次第です。


短い目で見たら、それなりにすぐに楽しめるわけなので良いかもしれませんが…、スケートボードを始めるのならば、是非とも長く続けて頂きたい、と当店では思っております。


具体的に説明しますと、Carverは構造上、前側が後ろ側よりもよく動くようになってます。この為Carverで加速しようとした際、後ろ側に荷重をかけて、前足を左右に振っていくというイメージで進みます。しかし後ろ側よりも前側が不安定、ということは、物理的に考えてスピードが増すとともに挙動が不安定になり、とても危険ですし、例えばサーフィンでもスノーボードでも基本的に前足荷重を主としていることから考えると、果たしてこれが本当にこれらのオフトレとして有効なのか?という疑問も生じてきます。


では、そもそも『通常のスケートボード』って何?と思われるかもしれません。ここでいう通常のスケートボードとは、基本前後同じトラックを使用している事を指しておりまして、これによって前後バランスが取れているわけでして、荷重のかけ方も基本は前足となります。


もう一点お客様がこだわるのが、自走加速できるのか?という点です。つまりはスケートボードに乗った状態で、自分で漕いで加速できるのか?という点です。


これはCarver然り、Original Skateboardsでも可能です。恐らくCarverの方が基本的に動かしやすいので簡単に加速できるようになるでしょう。しかしOriginal Skateboardsもかなりの傾斜角が付くトラック構造となっておりまして、加速させることは容易でもあります。


このような点も含めて当店ではOriginal Skateboardsを推奨しております。